1万人のHUG

次世代へつなげる新たな文化を創造する!

はじめに (1/2)

「この世の最大の不幸は、貧しさや病ではありません。 誰からも自分は必要とされていない、と感じることです。」
 〜 Mother Teresa 〜


全国の児童養護施設には、3万人以上の子どもたちが身を寄せていますが、そのおよそ7割は被虐待児童です。
そして、今日も親からの虐待によって命の危機に晒されている子どもの実数は、その数十倍と言われます。

これは外国の話ではなく、この国の現実です。

施設に保護されても、18歳で施設を出て行かなければならない彼らは、1人暮らしをするための保証人もいないので、たとえ夢があっても、住み込みで働くという選択肢しかないのです。
彼らの命・心・夢を守らなければなりません。心のケアや自立支援は勿論のこと、救う仕組みやネットワークも必要となります。


現在、行政でも様々な取組がなされていますが、誰もが「自分とまっすぐに向き合ってくれる人」を身近に持てる社会を作ることこそが、何よりも優先すべき私たちの課題であり、子どもから大人まで、命の危険にある人・自己肯定感の低い人・自分の存在意義を見出せない人・心の傷が癒されない人を救い、本来の笑顔を取り戻していくと同時に、そうした状況の人を作らない世の中をめざす本質的な取組であろう思います。

本来、どんな事情を抱えている子にも、誰にとっても未来は“眩い光に満ちたもの”であるべきで、子どもたちにそんな輝く未来を手渡してあげられるか否かは、今を生きる私たち大人が、次の時代のためにどんな新しい文化を創造するのか、にかかっています。



2/2ページ目を読む>>



 ・はじめに
 ・1万人のHUGとは
 ・活動のコンセプト
 ・募金・賛助会員
 ・告知・お知らせ


LLCエクシードインプレッション
ブログ ・・・be ambitious


 ・組織概要
 ・代表プロフィール
 ・お問い合せ

1万人のHUG


 ・TOPページへ戻る


社)ドリームステージ